仮想通貨とは

仮想通貨とは、インターネットを通じて取引される通貨のことを指します。

一般的によく聞く「ビットコイン」のみが仮想通貨ではなく、その種類はとても多く、代表的なもので言うとイーサリアムや、リップル、ネムなど全て数えると1,500種類以上にもなります。

では、私たちが普段使っている法定通貨(日本であれば円、アメリカならドル)と、仮想通貨では何が違うのでしょうか。

私たちが普段使っている法定通貨は紙幣や硬貨といった実体があり、目で見ることも触ることもできます。

クレジットカードや電子マネーといったものも、あくまで現金を前払い・後払いすることによって使用するものです。

それに対して仮想通貨は実体がありません。

法的通貨

実体があり、目で見ることも触ることも出来る

仮想通貨

仮想通貨は実体がありません。

仮想通貨はインターネット上では存在しますが、あくまでもそれは「電子データ」に過ぎません(物理的な実体もありません)。しかし仮想通貨は日本円やドルなどの法定通貨で行うほぼ全てのこと(送金・受取・貯蓄・投資など)ができます。

また、法定通貨とも交換できることが仮想通貨の経済的価値の土台となっていると考えられます。

 

更に特徴として、通貨を管理する場所、方法や発行数などに違いがあります。

法的通貨

国(政府)や中央銀行が管理・発行

発行数の限度額・枠なし

仮想通貨

国(政府)や中央銀行は介在しない

発行数の限度額・枠あり

×

仮想通貨の安全性

仮想通貨は取引データをオープンにし、ユーザー同士で承認及び管理しあう技術を使っています。
これを『ブロックチェーン技術』と呼んでいます。

ネットワーク上に公開されているブロックチェーンは無数のコンピューターで共有されており、その一部が攻撃を受けたり異常を起こした場合でも、共有している情報と照らし合わせて無効なものとして認識されます。

理論上ネットワークで繋がっているすべてのコンピューターの情報を書き換えないと偽造や改ざんはできないため、偽札などのリスクがある法定通貨に比べても安全性は高いと言われています。

ミンテージマイニングの参加登録についてのご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

© 2018 MINTAGE MINING, All Right Reserved.